ルイヴィトン激安アイテムがこんなにいっぱい



→ルイヴィトン LOUIS VUITTONの激安ショッピングへ



ルイヴィトンのバッグや小物の販売、ルイヴィトン新作、人気商品、レアもの、中古品など幅広く取り揃えている
国内最大級のブランドショッピングサイトです。
憧れのルイヴィトンをゲットしよう♪

ルイヴィトン LOUIS VUITTON】 (全 3,397件)

■MONOGRAM モノグラム
1986年に誕生以来、ルイ・ヴィトンのシンボルとなっているモノグラム・ラインのキャンバスは軽く、柔軟で耐久性があるだけでなく、完全な防水性も備え、しかも表面に傷が極めてつきにくい性質を持っています。まさしく現代の生活スタイルに適したラインです。モノグラム・キャンパスは木綿地に樹脂加工を施したトアル地に創業者のイニシャル(L・V)をプリントしたデザイン。モノグラム(MONOGRAM)とは英語で「組合せた文字」を指しますが、日本ではモノグラム=ルイヴィトンとなるまで有名な存在に。モノグラムは日本の家紋をヒントに作られたとも言われています。

レディースバッグ   メンズバッグ
財布   長財布   キーホルダー・キーケース
モノグラム・チェリー   モノグラム・パンダ
モノグラム・サテン   モノグラム・ペルフォ
モノグラム・チャーム
モノグラム・トゥラム / ティカル


■DAMIER ダミエ
ダミエ・ラインは、1888年より数年間ルイ・ヴィトンのトランクに用いられていた市松模様のキャンバスを今日に蘇らせたものです。落ち着いた優美さと幾何学的なモチーフがいつの時代にも新しい魅力を発揮します。模造品の横行が原因でいったん姿を消しますが、1996年のモノグラム誕生100周年を記念に復活し、その後定番ラインとして定着しました。

レディースバッグ   メンズバッグ   財布   長財布
キーホルダー・キーケース
ダミエ・ジェアン   ダミエ・ソバージュライン

■MONOGRAM DENIM モノグラム・デニム
カジュアルスタイルにバッチリきまるモノグラムデニムシリーズ。最近発売された新色(フューシャ、ヴェール)が早くも人気アイテムに。

レディースバッグ

■EPI エピ
1920年代にルイ・ヴィトンがすでにグレイン(型押し)のパターンをヒントに新しく開発されたライン。エピ・ラインはクロム塩と植物タンニンでなめし、奥深くまで染色したレザーを使用。耐久性、耐水性に優れています。カラーはブラック、レッド、タッシリ、イエロー、モカ、ペッパー、ライラック、ヴァニラの7色で展開。ダイナミックで現代的シェイプのシティ・バッグ、セカンド・バッグやアクセサリーが数多く揃うラインです。エピとはフランス語で「麦の穂」の意味。独特の型押しが風に揺れる稲穂のように見えることからこの名が付きました。1986年に発表以来、豊富なカラー展開で大人の女性に人気です。

レディースバッグ   メンズバッグ   財布
長財布   キーホルダー・キーケース

■ANTIGUA アンティグア
オールキャンバスのカジュアル素材にディテールで使われているメタルの質感が高級感を演出。2005年に登場した新ライン。

レディースバッグ

■SUHALI スハリ
希少価値が高く、ソフトさと丈夫さを兼ね揃えたゴートスキン(ヤギ革)を用いたライン。素材の独特な質感が魅力。マーク・ジェイコブスがデザインを手がけ、ルイ・ヴィトンの伝統的なトランクにも通ずる極めて高度なフィニッシュとともに丹念に仕上げられています。繊細でナチュラルな色合いのレザーからはノーブルな美しさが漂います。周囲に施されている鋲モチーフが特徴的。

レディースバッグ   財布   長財布

■TAIGA タイガ
1993年ルイヴィトン初の本格的メンズライン。タイガ・ラインは厳選された上質な牛革に上品な型押しを施したライン。男性用のトラベル・バッグ、書類鞄、シティ・バッグや小物が数多く揃うラインです。深いグリーンの「エピセア」、温かみのあるマホガニー色の「アカジュー」、そしてフランス語で濃い青灰色を意味するチャコールグレーの「アルドワーズ」の3色展開。

メンズバッグ   レディースバッグ   財布   長財布
キーホルダー・キーケース

■MONOGRAM TULUM(トゥラム)
        MONOGRAM TIKAL(ティカル)
マヤ文明期の古代都市にインスパイヤされ誕生。 中央部分に使用された楕円形のツイストロック、しなやかな丸みを帯びたラインは、古代文明をイメージさせる高貴なデザイン。
モノグラム・トゥラム / ティカル

■MONOGRAM MULTICOLORE
モノグラム・マルチカラー
モノグラム・マルチカラーラインは、2003春夏レディース・コレクションで村上隆氏とルイヴィトンのコラボレーションにより制作されました。その後定番化に。

レディースバッグ   財布   長財布
キーホルダー・キーケース

■MONOGRAM MINI モノグラム・ミニ
カラフルなテキスタイル・キャンバスに、ルイ・ヴィトンのモノグラム模様が小さく織り込まれたモノグラム・ミニ。カラーはブルー、カーキ、チェリー、ダークブルー、ダークカーキの5色で展開されています。軽くソフトな素材と、伝統的なモノグラムの組み合わせが新鮮な、ナチュラルで女性らしいラインです。2000年春ニューラインとして発表後、あまりの人気ぶりに定番化が決定。2003年にはコットン・キャンバスから化学繊維のポリアミドに素材替え。

レディースバッグ   財布   長財布
キーホルダー・キーケース

■MONOGRAM VERNIS モノグラム・ヴェルニ
モノグラム・ヴェルニは、1998年に発表されたルイ・ヴィトンの初プレタポルテ・コレクションにあわせて誕生した、ファッショナブルで活動的な女性のためのラインです。個性的なカラーで彩られたエナメル加工のカーフスキンに型押しされたモノグラム・モチーフは、光によって表情が変化します。ルイ・ヴィトンの現デザイナー、マークジェイコブスの名を世界に知らしめた作品です。

レディースバッグ   財布   長財布
キーホルダー・キーケース

■MONOGRAM MAT モノグラム・マット
モノグラム・マットラインはシティ・バッグ、ダイアリーと小物類が揃うラインです。シンプルなライン、メタリック加工を施したレザー、機能的なシェイプ、時を選ばない洗練されたカラーは日常使いに適していま。2002年に登場以降、ビジネス用途に最適としてOLに人気です。

レディースバッグ   財布   長財布
キーホルダー・キーケース

■ONATAH オナタ
ルイヴィトンに初のスウェード素材が登場。オナタははアメリカ先住民イロクワ族の神話上の人物だとか。マーク・ジェイコブスにより2006年発表。

レディースバッグ

■NOMADE ノマド
ノマド・ラインは表面に全く傷のない牛革を厳選し使用。植物タンニンでなめされた牛革は時が経つにつれてエレガントな艶のある色合いが生まれてきます。キャメルカラー、ノワールの2色で展開されています。
レディースバッグ   財布

■EXOTIQUE エキゾチック
オーストリッチ、リザード、アリゲーターといった、類稀で洗練されたエキゾチック・レザーを、長い伝統により培われたルイ・ヴィトンの技術で仕上げたライン。クラッシックな色合いはもとより、思いがけないほど鮮やかな色まで揃うエキゾチック・レザーは、時を経るほどにその美しさが磨かれていきます。

小物

→最新ファッションの情報がいっぱいだよ♪

ルイヴィトンの歴史

ルイヴィトンの歴史

【黎明期】 (1854年〜1892年)
ルイ・ヴィトンが評価されるようになったのは、創始者であるルイ・ヴィトンが亡くなった後のことである。ヴィトンは、まず「グリ・トリアノン・キャンパスGris Trianon」というトランク工場として創始された。このトランクは、灰色のキャンバス地で覆われており、とても軽量なものであった。1854年、彼はエミリー(Emilie Clemence Pariaux)と結婚、3年後の1857年には息子のGeorges Vuittonが生まれた。

1860年、ヴィトンは需要に押されて規模を拡大した。1867年、ルイ・ヴィトンは世界博覧会で銅メダルを獲得。これにより、世界的な評判を得、1869年にはエジプト総督のイスマーイル・パシャが、1877年にはロシアのGland Dude Nicholasがそれぞれ、1セットのトランクを発注した。また、当時の世界的に力を持っていたスペインの王アルフォンス11世からも、トランクの注文を受けた。

トランクの上から、布地を貼るというヴィトンの技法は賢明であったが、容易にコピー商品が出回ることとなり、1872年、ヴィトンは別の布地を使うようになった。この布地は、「Striped Camvas」として知られているベージュと赤の2色で色づけされた布地である。しかし、この布もすぐにコピー商品が出回ることとなった。

だが、コピー商品に押されることなく、彼のビジネスは成功を収めた。また、私生活の方も衰えることはなく、1880年には息子のGeorges VuittonがJosephine Patrelleと結婚。入籍当日に、彼は息子にスクリーブ通りの店を任せた。その3年後、Georgesにも子供が産まれ、ルイ・ヴィトンは祖父となった。

1885年、ルイ・ヴィトンはロンドンに進出。1888年、息子のGeorges Vuittonが、ベージュと茶褐色のチェス盤に、ルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」と呼ばれるデザインを考案。1889年のパリ世界博覧会で、ルイ・ヴィトン社に金賞をもたらした。しかし、商標登録もされていたにも関わらず、またコピー商品が出回ることとなった。

1892年、ルイ・ヴィトン社はハンドバッグの販売を開始、トランクやハンドバッグなどが掲載された最初のカタログもリリースされた。その年の2月27日、ルイ・ヴィトンは自宅で息を引き取り、Georges Vuittonが会社の全権を握ることとなった。

1854年 トランク工場を創設。
1885年 ロンドンに直営店をオープン。
1889年 模倣品の防止の為から、ダミエのデザインを考案する。

【黄金期】(1893年〜1936年)
ルイ・ヴィトンの死後、Georges Vuittonはルイ・ヴィトン社を世界的な企業へと押し上げた。Georges Vuittonは、1893年のシカゴ世界博覧会に出展するなど、会社をうまく運営し続けると共に、著書「Le Voyage」(フランス語で旅という意味)を出版した。

1896年、ヴィトン社はそのトレードマークとなる布地を発表した。モノグラム・ラインと呼ばれることになるその模様は、様々なシンボルと共にルイ・ヴィトンを示す「LV」というマークが描かれている。Georges Vuittonは、その後アメリカへ航海し、ニューヨーク、シカゴ、フィラデルフィアなど、様々な町を旅行し、その訪問中にもヴィトン製品を売って歩いた。1898年、Georges Vuittonは、パリ・オートショーにヴィトン製品を出展した。

1900年、Georges Vuittonはパリ世界博覧会の「旅行アイテムおよび革製品」の部門を担当するという栄誉を得た。1901年、ヴィトン社は、トランクの中に入れることのできる小さなカバン「スティーマーバッグ」を発表した。

3年後の1904年、Georges Vuittonはセントルイス世界博覧会において、議長を務めた。同年、ヴィトン社は、新商品として、香水や衣類などの商品を小分けにできる仕切りの付いたトランクを発表した。

1896年 ダミエの模倣品が出回ってきた事からモノグラム・キャンバスを考案。
1987年 ルイ・ヴィトンとシャンパン製造会社のモエ・ヘネシーとの合併によりLVMH モエ ヘネシー ルイ・ヴィトンが誕生。

【ビジネス拡大】(1937年以降)
1998年 バックだけにとどまらず本格的にファッション界に進出。デザイナーにマーク・ジェイコブスを迎えプレタポルテを発表。
LVMHグループは今日、クリスチャン・ディオールやフェンディなど有名ブランドを傘下におさめる巨大ブランド企業に成長。

2003年 日本人デザイナー村上隆とのコラボレーションにより、黒地あるいは白地にモノグラムをカラフルに配した「モノグラム・マルチカラー」を発表。このときに発表された商品の中には日本限定商品で、モノグラム模様の中に、にこにこマークが描かれた桜の花を配した商品「モノグラム・チェリーブラッサム」や、大きな革製のリボンがついた商品なども発表された。同時に、村上隆のキャラクターであるパンダをモノグラムの上に描いたシリーズ「モノグラム・パンダ」も限定品として発売された。
2004年 2003年と同じく村上隆とのコラボレーションにより、「モノグラム・チェリー」ラインが発表された。これは、前年のサクラシリーズよりは少し落ち着いているものの、モノグラム地の上に、サクランボのイラストを載せるというデザインであった。
2005年 秋冬コレクションとしてキャンパス地のカジュアルなシリーズ「アンティグア」が発表された。ナチュラルな生成と真っ赤なキャンバス地が素材である。
2006年 春夏コレクションとして、モノグラム地にパンチングを施し、穴を開けた素材の「モノグラム・ペルフォ」、デニム素材の「モノグラム・デニム」が発売された。            
(参照:wikipedia)

→最新ファッションの情報がいっぱいだよ♪

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。